働きやすい環境

名刺を出す手

団塊の世代の定年退職、人口減少化社会など社会情勢の変化と共に、企業を取り巻く環境も変化しています。優秀な人材であれば男女関係なく雇用したいと考えている企業が増加する一方、結婚出産を機に退職を選択する女性も数多くいます。優秀な人材を手放さない為にも、各企業は経費を割いてでも福利厚生を充実するようにアイディアを出し実現に向けて努力をしています。その取り組みの中に企業内保育があります。共働きの世帯にとって、子育ては大変なことですが何よりも大変なのは保育園への送迎です。保育園の時間に合わせて通勤をしなければならないので、慌ただしい毎日を過ごさなければなりません。企業内保育があれば、子供と一緒に出勤する事ができるので子育て世代から大変喜ばれている福利厚生です。

企業内保育は近年大きな注目を集めています。福利厚生が充実していると言うことを求職者にアピールする事ができるので、優秀な人材を獲得する機会が増えます。保育士の給料や施設運営費を負担しなければなりませんが、優秀な人材を獲得すればそれ以上に利益を上げることができるからです。保育所が不足しているという社会的な問題にも貢献していると言えますし、保育士を雇用する事で新たな雇用を創出する事もできます。少し前までは、子育てをしている保護者は肩身の狭い思いをしていましたが、企業内保育があることで全従業員が子育てに対して関心を持ち、現状を知ることができるようになったのも大きなメリットになっています。企業規模に関わらず、子育て世代が働きやすい環境を提供する事で企業にも恩恵が生まれ国益に繋がることになるので重要性は更に増してくるでしょう。