研修で学ぶこと

いろいろな書類

何度いったら分かるんだ。という言葉は誰が聞いても聞きたくないと思える言葉である。これが、上司ともなれば確実に聞きたくない言葉になるに違いない。しかし、人はそんなに便利にはできていないのが現状で、何度でも同じ失敗をする。特に教えられていなければ、かなりの確率で同じ過ちを犯し、尚悪い事にそこから抜け出せない人もいる。更に悪いのが、何故失敗するのかを理解できない人もいる。これは、家庭や友人であれば謝れば済む事だが、ビジネスというシビアな面では、そう簡単にはいかないのである。特に、新しい顧客との接触や新しい会社との新たな契約ともなれば、尚の事慎重に行動し何の落ち度もなく仕事をこなし、失敗せずに取引成立までこぎつけたいだろう。では、そんなビジネスチャンスをどのように、そつなくこなすことができるだろうか。

上記の中でも述べたように、自分の仕事上の欠点を克服するために、何ができるだろうか。それは、営業研修である。この営業研修を冷ややかな目で見る人は多いが、意気込み次第でこの営業研修から沢山の財産を持ち帰り、仕事の現場で生かしている人は珍しくない。また、この教育の価値を生かした人が、ビジネスチャンスをものにしているといっても過言ではない。研修の講師もビジネスに長けた人が指導してくれるケースもあるので、仕事上で難しい判断が求められる場合にもどのように対処したらよいかのアドバイスもオブザーバーとして意見がえられるだろう。では、この営業研修によって自分の足りない部分を磨き沢山の益を得たいという動機で参加してみるのはどうだろうか。